皮膚科

皮膚・毛髪疾患など、より専門的な疾病にも対応しています

皮膚の疾患(眼瞼・口腔・陰部粘膜部を含む)のすべてにおける診断・治療をおこなっています。特に皮膚悪性腫瘍の早期診断と外科的治療と毛髪疾患について重点的に診療をしています。

取り扱う疾患
治療法
皮膚悪性腫審の外科的治療において、病期にあわせた最適な治療を行うとともに、局所皮弁を用いた整容的・低侵襲治療を行っています。 疾患により日帰り手術も可能です。各種脱毛症の治療においては、経験とエピデンスに基づいた正確な医療を行うとともに、重症円形脱毛症における局所免疫療法を行っています。 皮膚、粘膜疾患すべての診断及び治療も行っています。
主な手術症例

円形脱毛症について

円形脱毛症とは

円形脱毛症は脱毛を起こす病気の中で最も多くみられるもので、およそ1000人に1~2人が発症します。 男女差はなく、幼児から高齢者まで年齢に関係なく起こり得ます。多くの場合、診断は容易ですが、他の病気と区別するのが難しい場合もあります。正しい診断のもとで正しい治療を受けることが重要です。

皮膚科

皮膚科 部長辛島 正志(からしま ただし)

[久留米大学 1987年(昭和62年)卒]